シルクノチカラ

  • 2020.11.22[sat]
  • 会場:荘銀タクト鶴岡 [大ホール] 13:00開場 13:30開演

※入場には整理券が必要です。ご希望の方は事務局までお問い合わせください。

新型コロナ対策としてのお客様へのお願い

  • ○必ずマスクを着用してご来場ください。
  • ○入場の際、検温・消毒へのご協力をお願いします。(37.5℃以上の方、体調不良の方はご入場いただけません。)
  • ○整理券の裏面に必ずお客様のお名前・連絡先をご記入ください。
    万一、利用者の感染が確認された場合の濃厚接触者調査名簿作成にのみ使用させていただきます。
SDGs

課題研究発表

  • ●山形県立鶴岡工業高等学校研究テーマ「伝統ある鶴岡の絹産業を、
    シルクチーフづくりを通じて伝えたい!」
  • ●山形県立鶴岡工業高等学校(定時制)研究テーマ「養蚕の自動化と効率化」
  • ●山形県立鶴岡南高等学校研究テーマ「きびそを使ったセリシンの抽出」
  • ●山形県立鶴岡中央高等学校研究テーマ「カイコの一生 〜シルクの誕生〜」

シルクガールズ コレクション2020Our Silk ~希望の糸~山形県立鶴岡中央高等学校

先人が甚大な時間と労力を費やして創りあげてきた絹(シルク)『サムライゆかりのシルク』を、私たちがファッションショーという形でたくさんの人に身近に感じてもらいたい、そして、私たち自身も存分に個性を表現することでシルクの魅力を伝えたいという思いでテーマを設定。

コロナウイルス禍で各国が混乱し先を見通せないこの状況だからこそ希望を持って前に進んでいきたい、そして鶴岡シルクを通して世界と繋がりを持ちたいという思いを込めました。

展示コーナー[ エントランス ]

高校生によるシルクに関する研究の展示、日本遺産「サムライゆかりのシルク」、「鶴岡シルクタウン・プロジェクト」に関する展示を行います。

入場整理券ご希望の方は

事務局:鶴岡市企画部政策企画課

TEL.0235-25-2111(内線526)

「シルク ノ チカラ 2020」
開催趣旨

鶴岡市を中心とする庄内地域は、旧庄内藩士によって開墾された松ヶ岡開墾場に日本最大の蚕室群が建設され、国内最北端の絹産業の地として発展してきました。

鶴岡市では、本市近代化の礎となった絹産業の文化を保存継承しながら、新たな産業振興と絹文化の創造・発展を目指すため、「鶴岡シルクタウン・プロジェクト」として産業面と文化面から持続的な地域振興に取り組んできました。平成29年には、鶴岡に息づくシルクの物語と文化財が評価され、日本遺産「サムライゆかりのシルク 日本近代化の原風景に出会うまち鶴岡へ」が認定され、日本遺産とシルクという地域資源を活用した観光振興、地域活性化への期待が高まっています。また、近年では、鶴岡市内の高校、高等専門学校の生徒たちによって、シルクをテーマとした研究など創造的な活動が進められています。

「シルクノチカラ」は、鶴岡の将来を担う若者たちとシルクに関わる多くの方々の取組みの発表を通して、日本遺産とシルクの魅力と可能性に触れ、新たな鶴岡のまちづくりについて考えるイベントです。

チカラ2020
シルクノ

課題研究発表

  • 鶴岡工業高等学校

    《研究テーマ》伝統ある鶴岡の絹産業を、
    シルクチーフづくりを通じて伝えたい!

    山形大学国際事業化研究センターと連携協定を締結し、次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT:Exploration and Development of Global Entrepreneurship for NEXT generation)によるアイディアの創出やビジネスモデル構築を学んできました。その一環として、本校開校のルーツである「シルク」に着目し、業界の第一線で活躍するプランナーをはじめ、地元出身のデザイナー、東北芸術工科大学の学生、鶴岡シルク株式会社など、多くの方々からの協力を得てこの事業を実施しています。

  • 鶴岡工業高等学校(定時制)

    《研究テーマ》養蚕の自動化と
    効率化

    鶴岡の伝統産業である養蚕について、自動化や効率化を通じて理解を深めたいと思い、始めました。自動化ではIoTや画像解析といった最新の技術を学び、給餌のタイミングを通知することや、遠隔操作により給餌することを目指しました。効率化ではものづくりを通してより多くの蚕を効率よく育てられるような育成環境を作り、飼育・検証しました。

  • 鶴岡南高等学校

    《研究テーマ》きびそを使った
    セリシンの抽出

    私たちは鶴岡南高校の探究活動「鶴南ゼミ」で絹タンパク質について研究しています。鶴岡のシルクを知らなかった私たちでしたが、調べていくにつれて、壮大な歴史的背景と絹タンパク質がもつ化学的性質の魅力にひかれました。現在絹タンパク質の一つであるセリシンに着目して研究を進めており、きびそを用いた抽出実験を行っています。様々な抽出液で、より効率よく収率を上げる方法を試行錯誤しています。

  • 鶴岡中央高等学校

    《研究テーマ》カイコの一生
    〜シルクの誕生〜

    シルクができるまでの過程や鶴岡シルクの歴史を分かりやすく、楽しんで理解してほしいと考え研究に取り組みました。子どもからお年寄りまでの幅広い年齢層に鶴岡シルクのことについて伝えたいと思い、絵本や紙芝居を制作しました。私たちは、蚕がまゆになるまで実際に育てたことをまとめ、発表します。

シルクガールズ鶴岡中央高等学校

シルクガールズは、鶴岡中央高校 総合学科 家政科学系列被服系の生徒で構成され、「シルクガールズプロジェクト」は今年で11年目を迎えました。「鶴岡シルク」をテーマに地元の絹産業の歴史を学び、鶴岡シルクの魅力を発信してきました。「シルクガールズコレクション」は自らドレスを製作しモデルとなり、学習成果の発表を行っています。鶴岡産シルクを素材としたウエディングドレスは、コレクションの最大の目玉となっています。

シルクガールズ